人材育成

能力開発方針

当社は、社員としての高いビジネスマインドを基本にヒューマンスキルとテクニカルスキルを兼ね備えた人材の育成を目指します。

社員一人ひとりに長期的なキャリアプランを立てていただき、その最終目標のために何が必要か、そのためには何が必要か…という発想で、無駄のない段階的なスキルアップを養成することで、理想的なキャリアパス形成を支援します。

社員教育計画

新卒採用で会社説明会の際に

「私は文系なのでプログラミング知識がありませんが、大丈夫ですか?」

「これからこの業界でやっていくために何を勉強したら良いですか?」

といった質問をよく受けます。


今の時代、ネットで検索すれば瞬時に様々な情報が手に入ります。逆に情報が多すぎて、疑問が疑問を呼び、何を調べていたのか解らなくなる時があります。

「何を勉強すればよいのか解らない」のではなくて「何から勉強すれば良いのか」が知りたいのだと思います。


そこで、当社の教育カリキュラムは、コンピュータの基礎から始めて、C言語でプログラミングの基礎を学び、実践でJavaを使う、といった具合に効率的な学習を心掛けています。

この考え方をもとに、以下のような教育プランを用意してあります。


入社前トレーニング

入社前のトレーニングの基本方針は、文系と理系のスタート時点でのスキル格差を埋めることです。もちろん、理系出身でも知識の再確認の意味で学習させています。入社後の実践的な集合研修の前に、コンピュータの基礎、C++、Javaプログラミングの基礎、データベース、ネットワーク等のIT技術者としての基礎的な知識をe-ラーニングを使って身に着けていただきます。

時期は1月中旬ごろから3月いっぱいを予定しています。

新人研修

入社後3か月間は自社にて、より実践的な開発トレーニングを行います。

同時に、社会人としてのマナー研修や、挨拶、名刺交換等の基本動作研修も行います。

また、社会人としての見識を広げるため、救護法講習や毎年リクレーション的な行事も行っており、コミュニケーションスキルの上達に一役買っています。


OffJT

階層別教育の一環として、全社員を対象に外部研修を実施します。成果をあげるべく運用に工夫を施しています。

また、必要に応じ目的別教育や選抜教育を積極的に実施しています。


自己啓発支援

自己啓発を支援するため、「資格報奨制度」を設け、資格認定取得者への受験費用負担、手当支給を行っています。

また、社員全員にe-ラーニング環境を提供しています。