SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

持続可能な開発目標:SDGs[Sustainable Development Goals]とは、2015年9月の国連サミットで採択された2016年から2030年までの国際目標です。

地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを理念とし、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。

わたしたち日本オーエー研究所が、SDGsを達成するために行っている取り組みをご紹介します。

日本オーエー研究所は、持続可能な社会の発展に貢献するために、ITを通じた社会問題の解決を目指しています。

日本オーエー研究所は、ITを通じた社会問題の解決により、SDGsの理念である「地球上の誰一人として取り残さない」社会の実現に向けて、CSR活動を行っています。CSR活動のテーマに「共創未来」を掲げ、社会との関わりを通じ、さまざまなステークホルダーと共に未来を作ることを目指し、2つの重点課題(マテリアリティ)を設定しています。
サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)課題へのアプローチ実践事例
全てのITエンジニアが働きやすい環境を創り出す
  • 未来のIT人材を育成する支援
  • 社員やビジネスパートナーが働きやすい職場環境づくり
  • CompTIAスカラーシップ・プログラム」を活用し、IT業界を目指す学生に対し、資格援助を行う
  • 「ワーク・ライフ・バランス」や「ジェンダー平等」を意識した社内規約の整備と社内施策を推進する
様々な社会と繋がりを持ち、共に成長する
  • 社会貢献に対する支援を継続
  • 地域社会の活性化、プロスポーツの支援

マテリアリティに沿って実践しているSDGs達成のアクションについて、詳しくご紹介します。

IT業界を目指す学生に資格取得支援を行っています

IT業界を目指す学生に資格取得支援を行っています

経済産業省の調べによると、IT業界の人材不足は深刻で、2020年には、不足する人材が36万人に及ぶと言われています。

そんな課題を解消すべく、日本オーエー研究所は、2018年より「CompTIAスカラーシップ・プログラム」を活用したIT人材育成に取り組んでいます。【プレスリリース : CompTIA JAPAN (コンプティア 日本支局)

本活動を通し、将来、IT業界を希望する在学中の学生に対し、資格取得の支援を行いITスキルの定着を促し、技術革新の基盤を築くとともに、雇用の促進のサイクルを効率的に回すことができます。

ジェンダー平等を掲げた社内規約の整備と社内健康増進活動

ジェンダー平等を掲げた社内規約の整備と社内健康増進活動

最も身近な社会貢献活動として、社員が働きやすい職場になるように、ジェンダー平等を掲げた規約の整備と、社内健康増進活動を進めています。

社内健康増進活動では、健康診断に検診車を導入するなど、社員が健康診断を受けやすい環境を整え、また、NSD社が提供する「CAReNA」を導入し、日々の健康状態をスマートフォンで管理するとともに、社内ウォーキングイベントを実施しています。

また、社員の「ワーク・ライフ・バランス」を整え、社員ひとりひとりが、仕事と生活の調和できるようにしています。ひとつの事例として、月当たりの残業時間は、全社平均で17時間となっております。

社員がより働きやすく、プライベートも充実できるような環境づくりを進めてまいります。

ユニセフならびに日本赤十字社への協力活動

ユニセフならびに日本赤十字社への協力活動

世界中に蔓延る飢餓や貧困をなくすためユニセフならびに日本赤十字社への支援活動を行っています。

ユニセフが掲げるビジョン「すべての子どもの権利が実現される世界をめざして」に共感し、「通常募金」を通して、世界中のあらゆる国々の子どもたちの命と権利を守る活動を支援しています。ユニセフが行う支援活動は、保健、栄養、水と衛生、教育、暴力や搾取からの保護、HIV/エイズ、緊急支援、アドボカシーなど、内容は多岐にわたり、190の国や地域で活動しています。

また、日本赤十字社への協力活動を通じても、世界各国の社会課題の解決を継続的に支援しています。日本赤十字社は、「人間の生命は尊重されなければならないし、苦しんでいる者は、敵味方の別なく救われなければならない」という「人道」に基づき、世界中の人々のいのちと健康と尊厳を守るために活動しています。

「千葉ジェッツふなばし」とのオフィシャルスポンサー契約を結んでいます

「千葉ジェッツふなばし」とのオフィシャルスポンサー契約を結んでいます

プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」とのオフィシャルスポンサー契約を締結しています。

同チームが掲げる「千葉ジェッツを取り巻くすべての人たちと共にハッピーになる」という活動理念に賛同し、弊社もプロスポーツの支援を通して、社会全体の健康増進と、地域社会の活性化を目指しています。

また、スポーツ庁が掲げる「スポーツSDGs」の趣旨にも賛同し、バスケットボール以外のスポーツへの協賛や、社内の健康増進のため、ウォーキングを推奨するなど、さまざまな取り組みを通じて、社会におけるスポーツの価値を高めるお手伝いをしています。

その他のCSR活動についてのご紹介